酵素ファスティング

酵素ファスティングによるプチ断食ダイエットの仕組み

酵素ファスティングとは、体に必要な栄養素を摂りながらおこなうファスティング(断食)のことです。ただ絶食してダイエットをしようというのではなく、酵素ドリンクなどで酵母菌、ビタミン、ミネラルなどの必要な栄養素を摂りながらおこなう、というのがポイントです。

 

酵素ファスティングによって、ふだん消化に使われている「消化酵素」を休ませて、血液や筋肉をつくりだし、新陳代謝をおこなうための「代謝酵素」が活性化するようにします。それによって、毒素が排出されて体内がリセットされ、ダイエットだけでなく美容と健康への効果も期待できるというわけです。

 

酵素とは?

 

酵素とは、人間が活動するために必要不可欠なもので、「消化」「代謝」をうながすものです。人間は消化・吸収・運搬・代謝・排出というプロセスを繰り返しながら生命活動をおこなっており、消化・吸収に関わるのが「消化酵素」、消化された栄養分で体の組織をつくるときに関わるのが「代謝酵素」です。

 

現代人は酵素不足

 

現代人は、慢性的に酵素が不足した状態だと言われています。食べ物がまわりにあり溢れている生活の中で、胃腸は常に動き続けており、体内のエネルギーの80%が消化に使われているという話もあります。

 

体内で作られる酵素の量は決まっていると言います。たえず食べ物を摂っているという環境下では、体内の酵素が消化酵素ばかりに振り向けられてしまい、代謝酵素がうまく機能しない状態になってしまいます。

 

つまり、新陳代謝や有害物質の除去、免疫力の維持といった生命活動が十分におこなわれない状態だということです。代謝酵素がうまく働かないことは、肥満や体調不良の原因になると考えられています。

 

そこで、不足しがちな酵素を補う必要性がでてきます。酵素ファスティングでは、断食によってふだん働きつづけている胃腸などの内臓を休ませると同時に、酵素ドリンクなどで必要な栄養素を摂り、代謝酵素の機能をとり戻します。

 

酵素ファスティングの効果

 

ふだん消化・吸収ばかりに使われているエネルギーを代謝にまわすことで、代謝酵素の働きが活発になり、新陳代謝がうながされます。代謝が正常に機能するようになれば、それまでと比べて、免疫力の向上、肌のハリ・ツヤの改善、有害物質の排出、腸内環境・肝機能の改善といった効果が期待できます。

 

つまり、体の調子が良くなり、美容と健康が促進されることが期待できるということです。酵素ファスティングではあくまで、酵素ドリンクなどで必要な栄養素を摂りながらおこなう、ということが大事です。

 

まったく栄養を摂らないただの断食をおこなうと、消化器官がまったく働かず、急激に有害物質の排出がおこなわれます。結果として、肝臓や腎臓などに大きな負担がかかり、頭痛や吐き気などの症状を引き起こす可能性があります。

 

ダイエットが主目的だとしても、健康を害しては意味がありません。酵素を補いつつ、ゆるやかにファスティングをおこなうというのが大事です。酵素ファスティングを正しい方法でおこなえば、きっと思っていた以上に体調の改善を感じることができるはずです。

 

酵素ファスティングの種類

 

酵素ファスティングは「プチ断食ダイエット」としても知られています。プチ断食ダイエットは期間ごとに種類が分けられており、おもに「半日断食」「1日断食」「3日断食」があります。

 

半日断食もしくは単にプチ断食という場合は、朝食を酵素ドリンクなどに置き換える、いわゆる「朝食置き換えダイエット」を指す場合が多いようです。サラリーマンやOLなど、ふだん仕事のある人でも平日におこなえる比較的カンタンな酵素ファスティングです。

 

1日断食は、その名のとおり朝・昼・晩の3食を抜いて、酵素ドリンクなどと水だけを飲んで過ごすものです。場合によっては1日だけでなく、2日目の朝も固形物を食べないというパターンも1日断食と呼びます。平日におこなうと仕事に支障をきたすおそれがあるので、週末におこなう場合が多いようです。

 

3日断食は本格的なファスティングです。3日間、酵素ドリンクなどと水だけを飲んで過ごします。ほかのプチ断食ダイエットと比べて厳しいため、ファスティングをはじめる前に心身を整える準備期間が必要です。

 

酵素ファスティングを初めておこなう場合は、まずは朝食置き換えダイエットをおこなうか、すこし準備期間をつくった上で1日断食をおこなうというのがオススメです。3日断食への挑戦は、ファスティングに慣れてきてからにするのが良いでしょう。