回復食のおすすめメニュー

プチ断食ダイエット後の回復食メニュー

酵素ファスティングで最も大切な回復期には、最初は玄米粥からスタートすることをオススメしています。ここでは、実際にどのようなメニュー、レシピの回復食があるのかを具体的に紹介します。

 

玄米粥(鍋から炊く方法)のレシピ

 

材料(2人分)

 

  • 玄米 : 120cc(3/5カップ)
  • 水 : 玄米の分量の5〜10倍
  • 塩 : 少々

 

作り方

 

  1. 玄米を洗い、鍋に玄米と水、塩を入れ、8時間ほど浸水させる。
  2. 厚手の鍋に蓋をして、強火にかけ、蒸気が上がったら1〜2分そのままにし、火を弱め、極弱火で1時間ほど炊く。※ 途中で蓋を取らないように。

 

Point

 

消化器官が弱い人は、分づき米がおすすめ。玄米に近い栄養素が含まれ、玄米より簡単に炊けます。(玄米→3分づき→5分づき→7分づき→白米)

 

出典 : 3日間でカラダ美人 酵素ファスティング・ダイエット p37

 

ほかの回復食レシピなど

 

上記は書籍からの引用です。玄米粥を作るときには参考にしてください。わたしはなるべく玄米にしていますが、手を抜いて白米でお粥をつくることもけっこうあります。また、卵や味噌を入れることもあります。卵や乳製品は良くないですが、ルールを厳しくしすぎるのも疲れるので、ほどほどにしています。

 

回復食にオススメのメニューは上記のような玄米粥やみそ汁のほかに、新鮮な野菜や果物をつかったスムージー、果物たっぷりのフルーツサラダ、寒天、おろしそばなどがあります。「回復期の過ごし方」でも説明したように、穀類と野菜をまずは摂っていきましょう。

 

これらは酵素ファスティング後の回復食としても、ふだんの食事に取り入れるとしても良いものです。いつも取るのは難しいですが、たとえば飲み会が続いて胃腸が荒れていると感じるときなどに、1食だけ、もしくは1日だけ回復食と同じようなメニューにするのはオススメです。

 

酵素ファスティングは美容・健康管理を目的とするほか、プチ断食ダイエットとして減量を目指すときにおこなわれるものです。酵素ドリンクを飲むことで、健康的に断食をおこなうことができます。しかし、酵素ファスティングをおこなう必要がないという状態がベストです。

 

ファスティング後の回復食のようなレシピをふだんの食事のメニューに取り入れることで、消化器官を休ませることができ、またダイエットにも良い効果を期待できると思います。ぜひできる範囲で、プチ断食ダイエットのときだけでなく、ふだんの食生活にも取り入れてみてください。